2018年7月8日日曜日

2018(平成30年).07.08書評

先週の評点:
「休日のごちそう食堂(レストラン)千葉 増補版」(△):休日のレストラン製作委員会、「県民なら知っておきたい千葉が誇る歴史人」(〇):高梨樹、「千葉が最高」(◎):千葉ベスト選出委員会、「税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門」(◎):竹川美奈子、「オールドレンズの神のもとで」(〇):堀江敏幸、「怪しくて妖しくて」(△):阿刀田高、「CHANGE ~エリートへの道を捨てても僕が欲しかったもの~」(△):金川顕教。
今週のお題:
「千葉いきもの図鑑」:前田信二、「犠牲者120万人 祖国を中国に奪われたチベット人が語る 侵略に気づいていない日本人」:ペマ・ギャルポ、「NPOメディアが切り開くジャーナリズム 「パナマ文書」報道の真相」:立岩陽一郎、「d design travel CHIBA」DEPARTMENT PROJECT、「くろちゃんとツマとわたし」:南伸坊 、「島のエアライン 上下」:黒木亮、「 堺屋太一著作集第16巻」:堺屋太一。
近況:
お恥ずかしながら、腱鞘炎になった。過去、余り記憶に無い怪我かも。多分、原因は終末のお庭仕事。サンウェード取り付け、門塀加工、更には庭造り支援に全力で取り組んだ結果。しかも炎天下且つ猛暑の中、身体が悲鳴を上げたのだろう。月曜日の朝、気が付くと右手肘が大きく腫れていて、痛みが走ったから困った。利き腕だし、十分な筋トレも出来ない。腕だけではない。脚も疲れている。無理が祟ったのだ。情けない。十分な睡眠を取って意気揚々と無理したのだろう。まさに年寄りの冷や水。まあ、たまさか、家人のご機嫌取りの意味もあり、止むを得ない事情もあるのだが、そんな事もあって今週はペースダウン中。尤も、猛暑の中へばっているのは私だけではなく、無職で暇を持て余している家人とクラブ活動に余念の無い愚息も同様だ。要はオーバーヒート。三人とも何となく、熱中症に近い症状もあり、要注意の昨今である。

0 件のコメント:

コメントを投稿