2018年7月20日金曜日

健康の羅針盤5章「自助努力という未病 」刊行開始

<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=tf_til&t=ayahisaworld-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=B07FPB4H6C&linkId=c616d18eff062687fcee9caa5a3da106&bc1=ffffff&lt1=_blank&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr">
    </iframe>

健康の羅針盤五 自助努力という未病
目次
●ランチが肝なるビジネス発想
●生きている事に深く感謝する
●文明という歯車は未だ回るのか
●夫婦という社会ユニットを考えて
●赤ワインが身体によろしい
●空気洗浄機と伊勢志摩サミットを考える
●地震立国に想う
●死後の世界が欲しくなる
●3万分の一の確率からの脱却
●オーラが読める時代が来る
●老いという気負いを持つべきか
●希望はやはり、若い人へと。
●殺人は肯定されるのか?
●自死という選択肢が見える
●水という奇跡がある
●命と向き合う勇気があるか
●Tレグって何?
●未病のお薦め
●命がお金に換えれないとしても
●転ばぬ先の杖
●ストレス検査が始まった
●日本の医療費は銀メダル!
●お墓を通じて、死生観を考える
●空飛ぶ注射器が怖くなる
●心と体を寄せるケアを想う
●筋トレが流行だとか
●汗と泥
●国の社会保障はオレオレ詐欺
●過ぎたるは及ばざる投薬の魔力
●共依存という病を考える
●元気を貰おうTEDから
●鬼畜の正体とは?
●地方の文化を食べる
●125年と10億年の違い
●オリーブぶりってぶりっ子?
●健康ポイントというケア
●足のお悩み完全解決なるか?
●後妻業という高齢化社会の知恵
●参考文献
本文中に紹介ゆえ、省略。
●あとがき
本編は筆者ブログ「古い羅針盤」(2016・4月~10月)掲載されたものの中から、健康に関するエッセー分を纏めたものです。
本編は健康の羅針盤として纏めた5作目に当たります。
尤も、健康分だけを取り出すのは中々難しく、当然高齢化社会の事に触れざるを得ないし、どんどん進む医学技術についても説明が必要になります。但し、この本では極力そこには横を向いて、日常に出くわす健康に関わる生活風景が紹介出来たらと、編集を行いました。又、健康に直結する食料等についても、この纏めに含めました。日々口にしているものに、やはり注意が必要です。
繰り返しになりますが、健康処方については、山ほどノウハウ本が出ているので、各位各人成りの最適なものを見つけるしか手立てはないと思います。悪戦苦闘、中年の悪足掻きのバタバタを冷ややかに引き続き読んで頂き、心の中で密やかに笑って頂ければ、これは又、読者の方々の健康増進にお手伝い出来るかと、勝手に考えている昨今であります

0 件のコメント:

コメントを投稿