2018年7月25日水曜日

古い羅針盤67章「庭先という余暇」刊行開始

<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=tf_til&t=ayahisaworld-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=B07FSCMDLG&linkId=43c1a440aded6dbdf21dbe34512b90db&bc1=ffffff&lt1=_blank&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr">
    </iframe>

古い羅針盤67章「庭先という余暇」刊行開始
庭先という余暇
古い羅針盤67章
●地中にあるビジネスの芽
●Fが鬼門のナイス・ストーリー
●AIトレーナーなる職業
●女性活用という悪夢
●3割という確率
●デカダンスに憧れる日々
●小売業の将来
●DIYというエンターテイメント
●太陽光発電というビジネス
●意外に頑固な105年の人生
●動的平衡という生命力を知る
●宗教の先の死生観
●スポーツというマヤカシ
●光と音の無い世界で生きる事
●リズムという生命と社会
●グローバル化の本質
●歴史とブログの関係
●白内障なんか怖くない?
●庭作りの秘訣?
●自画自賛の極み
●キャバ嬢とのお付き合い
●痛くない死に方?
●意外に出来ない事の大切さ
●ゲーマーの見直し論
●微生物との闘い
●あとがき
 本編は筆者ブログ「古い羅針盤」(2018.06月)掲載されたものを纏めたものです。
●引用文献
「あの夏、二人のルカ」:誉田哲也
「駒子さんは出世なんてしたくなかった」:碧野圭
「もっと知りたいクリムト 生涯と作品」:千足伸行
「太陽光発電で誰でも資産家になれる」:久保龍太郎
「最後まで、あるがまま行く」:日野原重明
「動的平衡3 チャンスは準備された心にのみ降り立つ」:福岡伸一
「人は「死後の世界」をどう考えてきたか」:中村圭志
「投資する力。―将来不安をなくす40代‐60代のための「蓄財戦略」」:大西好彦
「「一生よく見える目」を手に入れる 白内障手術」:市川一夫
「ぼくの命は言葉とともにある」:福島智
「花木をはじめて育てる人に役立つ本」:船越亮二
「多動力 (NewsPicks Book)」:堀江貴文
「キャバ嬢なめんな。: 夜の世界・暴力とハラスメントの現場」:布施えり子
「痛くない死に方」:長尾和宏
「40歳以上限定 老けない 病気にならない 輝く女性の美習慣」:島田畯介
「飲料容器の科学 (おもしろサイエンス)」:松田晃一


0 件のコメント:

コメントを投稿