2018年3月11日日曜日

2018(平成30年).03.11書評

先週の評点:
「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」(◎):新井紀子、「老後と介護を劇的に変える食事術: 食べてしゃべって、肺炎、虚弱、認知症を防ぐ」(◎):川口美喜子、「岩石はどうしてできたか (岩波科学ライブラリー)」(△):諏訪兼位、「光点」(△):山岡ミヤ、「海亀たち」(〇):加藤秀行、「雪子さんの足音」(〇):木村紅美。
今週のお題:
「下町ボブスレーの挑戦 ジャマイカ代表とかなえる夢」:細貝淳一、奥田耕士、「トコトンやさしいナノセルロースの本 (今日からモノ知りシリーズ)」:ナノセルロースフォーラム、「裁判官! 当職そこが知りたかったのです。 -民事訴訟がはかどる本-」:岡口基一、 中村真 。、「NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク 第1巻:【プロローグ】神秘の巨大ネットワーク【第1集】“腎臓"が寿命を決める」:NHKスペシャル「人体」取材班 、「サニー・シックスティーン・ルール」:関口尚、「絶望の歌を唄え」:堂場瞬一。
近況:
ようやく愚息の高校受験が終わった。二勝二負の五分まで持ち直し、どうにか僻地脱出が出来そうな按配だ。兎にも角にも目出度い。もちろん、公的には随分と遠地への通勤になるので、その負担は私が被るが、その分愚息や家人が楽できれば多少苦労する意味があるだろうと前向きに考えている。これから、大引越準備だ。小さな家への転居なので、かなりのモノを捨てなければならない。その覚悟も大事だ。捨てるモノ、残すモノ。企業で言う選択と集中は口に言うほど、そう簡単なものではない。引っ越しに汗を掻きながら、そんな事を考えてもいる。





0 件のコメント:

コメントを投稿