2018年1月7日日曜日

2018(平成30年).01.07書評

先週の評点:
「60歳までに知っておきたい 金融マーケットのしくみ」(◎):三井住友信託銀行マーケット企画部、「続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか-重大事件から学ぶ失敗の教訓」(◎):樋口晴彦、「こわいもの知らずの病理学講義」(◎):仲野徹、「スポーツをテクノロジーする」(◎):北岡哲子、「残される母親が安心して暮らすための手続きのすべて」(◎):一般社団法人 えがお相続相談室、「孤軍 越境捜査」(△):笹本稜平、「スパイたちの遺産」(△):ジョン ル・カレ、 le Carr´e,John 。
今週のお題:
「黙殺」:畑山理仁、「ノーベル賞117年の記録」:山川出版、「動物実験の闇: その裏側で起こっている不都合な真実」:スラッシャー,マイケル・A.、 Slusher,Michael A.、「北の空と雲と」:椎名誠。 
近況:
鬼の霍乱ならぬしばしばの体調不良。やはり、減量が響いているか、踏ん張りが効かない。何せ、ボクシングで言うバンタム~ライト級の間を行き来する体重は身長から考えて、プロ選手が試合直前に臨む頑張りに近いのだから、かなりキツイのだ。それにしても、弱くて情けない。それはさておき、家人も愚息もそんなダメオヤジを尻目に、後10日間に迫った受験に向けてラストスパート!と言えば恰好良いが、彼らなりのマイペースでやっているので、まあ良しかな。一度中学私立で痛い目を受けているので、今度は本気かも?とは親バカの限りではあるのだが。




0 件のコメント:

コメントを投稿