2017年11月22日水曜日

「毒親とカエルの楽園」古い羅針盤59章 発売開始

毒親とカエルの楽園
古い羅針盤59章
目次
●プラットフォームというストックヤード
●諦観の忘却
●少しマッチョになったかも
●自由化という破壊
●ゴーストマンは消えてしまった
●量的疾患なるストレスを学ぶ
●カエルの楽園は本当らしい
●自動運転の現実
●身内の不幸
●色々な人生があるんだ
●大人になって勉強すべき事
●ブラックホールのお勉強
●漫画家と絵本の関係
●移植という医療行為
●種子というタイムカプセル
●人生という一気通貫
●何処かで見た風景
●毒親という考察
●CASEというEV解析
●カエルの楽園が侵される
●テロリストと考える
●働き方ってどうすれば良いの?
●限界利益0の先社会
●食い物の恨みは大きい?
●あとがき
 本編は筆者ブログ「古い羅針盤」(2017.10月)掲載されたものを纏めたものです。
●引用文献
「図解入門 最新 ミサイルがよ~くわかる本」:井上孝司
「最後の超大国インド 元大使が見た親日国のすべて」:平林博
「ゴーストマン 消滅遊戯」:ロジャー・ホッブズ、 田口俊樹
「ストレスのはなし - メカニズムと対処法 (中公新書)」:福間詳
「「カエルの楽園」が地獄と化す日」:百田尚樹、 石平
「これから始まる自動運転 社会はどうなる!?」:森口将之
「母ではなくて、親になる」:山崎ナオコーラ
「大人のための社会科 -- 未来を語るために」:井手英策、宇野重規
「ブラックホールをのぞいてみたら」:大須賀健
「馬場のぼる ねこと漫画と故郷と」:馬場のぼる
「移植医たち」:谷村志穂
「スイカのタネはなぜ散らばっているのか: タネたちのすごい戦略」:西本眞理子&稲垣栄洋
「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」:ケント・ギルバート
「ぼくは13歳、任務は自爆テロ。: テロと戦争をなくすために必要なこと」:永井陽右
「猿の見る夢」:桐野夏生
「天使の柩」:村山由佳
「検証 働き方改革 問われる「本気度」」:日本経済新聞社
「限界費用ゼロの社会」:リフキン
「侵略する豚」:青沼陽一郎


0 件のコメント:

コメントを投稿