2017年9月17日日曜日

2017(平成29年).09.17書評

先週の評点:
「海賊がつくった日本史」(〇):山田順子、「こんな建物だれがどうしてつくったの」(〇):zukowsky,John、ズコウスキー,ジョン、「夫の定年」(△):「人生の長い午後」を夫婦でどう生きる?グループわいふ、 佐藤ゆかり、「魚っ食いのための珍魚食べ方図鑑」(◎):西潟正人、「前立腺がん より良い選択をするための完全ガイド 」(◎):頴川晋、「ネメシスの使者」(◎):中山七里、「悪寒」(△):伊岡瞬。
小説群が活躍。逆にノンフィク側がもう一つだった。
今週のお題:
「さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神」:笙野頼子、「データで見る太平洋戦争 「日本の失敗」の真実」:髙橋昌紀、「6時だよ 全員退社! 生産性を上げる黄金ルール」: 田中健彦、「井上洋介絵本画集」:井上洋介、土井章史、「「サードエイジ」をどう生きるか: シニアと拓く高齢先端社会」:片桐恵子、「国士」: 楡周平、「Ank: a mirroring ape」:佐藤究。
近況:
近親者の不幸が間近に迫る中、会社の行く末を決める重要事項も着々と進めなくてはならず、かと言って、やや安定した副業とて、人生の生き甲斐化している訳でそうも疎かには出来ない。三重苦、四重苦の中、ようやく同僚が長期入院より復帰し、やや分散化出来そうで、ほっとしている。強健に見えた人物故に、忍び寄る病気には油断ならないのだと痛感。特に、自己診断及びホームドクター診断のミスは非常に重要だ。近親者は食欲減退を訴えたが、周囲が異常に気が付かなかった。同僚は近くの医者に診てもらったが、診断ミスを犯している。やはり、自分の身は自分で守るを鉄則に、ある程度の医学知識を持つべきだろうと思う。更にはそうした医学の進歩も進むので、定期的なウォッチが肝要だろうと痛感している。


0 件のコメント:

コメントを投稿