2017年8月27日日曜日

2017(平成29年).08.27書評

先週の評点:
「世界の特別な1日 未来に残したい100の報道写真」(〇):マルゲリータ・ジャコーザ、 ロベルト・モッタデリ、「教養としての「税法」入門」(◎):木山泰嗣、「科学捜査ケースファイル―難事件はいかにして解決されたか」(◎):ヴァル・マクダーミド、久保美代子、「街の公共サインを点検する」(〇):本田弘之、岩田一成、「遺族外来: 大切な人を失っても」(〇):大西秀樹、「ハッチとマーロウ」(△):青山七恵。
今週の課題:
「ブラック・フラッグス(上):「イスラム国」台頭の軌跡」:ジョビー・ウォリック、 伊藤真、「名字でわかる あなたのルーツ: 佐藤、鈴木、高橋、田中、渡辺のヒミツ」:森岡浩、「歌舞伎の解剖図鑑 (イラストで小粋に読み解く歌舞伎ことはじめ)」:辻和子、「昔話の読み方伝え方を考える」:石井正己、「原爆死の真実――きのこ雲の下で起きていたこと」:NHKスペシャル取材班、「デンジャラス」:桐野夏生、「塔と重力」:上田岳弘。
ノンフィク5、小説2。
近況:
周辺が慌ただしい。中小はたった一人の欠員で非常事態だ。それにこの猛暑。更には、近親の不幸の前触れ。いよいよ来るだろうその日を覚悟しながらも、日々は当然ながら過ぎてゆく。素粒子が何事にも始まりという事が今の人間の最高理解だし、時間も単なる有限の世界での虚構に過ぎないと分かりながらも、感情という抑えられない要素を有難くも、受け止めている。
一方の家人と愚息は塾通いと高校見学に精を出し、あすなる未来を描いている。せめて、前向きにと、そんな気持ちでいたいと今週も思い直している。


0 件のコメント:

コメントを投稿