2017年6月7日水曜日

ださくない経営概念とは?



以前から、経済系ブログに「ださい経営者」という連続対談プログラムがあり、面白く閲覧していたが、なるほどとは思いながら、実際経営に当て嵌める場合、どう考えたら良いのかと悩んでいた。それに対する答えが経済新聞に記載されていたので、少し触れておきたい。一橋大の延岡教授の提唱する、統合的価値の創造がそれだ。これは縦軸に問題提起・価値探索&問題解決・価値進化というソリューション方法が並び、横軸には機能的価値(形式知)&意味的価値(暗黙知)のマトリックス構造をしている。そして、その構成要素はサイエンス・エンジニアリングが左側に、アート・デザインが右側に位置する。一度、紙に描き出してみると、意外にすっと頭に入ってくる。しかも、アートとデザインの区分けが絶妙だ。教授はこれを「SEDAモデル」と称しているが、分かり難い人は縦方向、例えば、サイエンスとエンジニアリングの関係だけを考えれば良いかと。家を建てようとした時に、倒れないように基礎を設計しなくてはならないが、その際必要なのはそれを計算する理論(サイエンス)が必要であるが、逆にそれから得られた値を実現する為の骨組みや仕様やスケジュールを組むのが設計(エンジニアリング)に当たる。逆に暗黙知としては、欧州風の建物といった概念がアートもしくはデザインに相当するのだ。昨今、日本の自動車もスタイリングが素晴らしく、欧州車に負けない面構えになっているのも、この辺りに欧州のデザイナーを多く採用している事と深い関係があるはずだ。至近な例で言えば、先月見た欧州の大型機も、日本のそれに比べ、見た目も美しく、安心感を与えるデザインになっていた。やはり街や文化、文明から培った企業が生み出す製品には、そうした風合いが必ず顔を出すのだろう。因みに今読んでいる小説「やめるときも、すこやかなるときも」:窪美澄氏の作品も、椅子作りの主人公とそれを商業的に成功させようとする副主人公の恋物語なのだが、アートとデザインの狭間で苦しむ主人公の姿がベースにあり、この線引き(教授は顧客の感性に合わせるのがデザイン、自らの哲学・信念そ表現するものがアートとしている)は実は、意外に難しく、両面を睨みながらでないと、良い芸術さえも時代の流れには乗り切れないのかもしれないと考えたりした。更に言えば、基本はエンジニアの私が小説やイラストに勤しむのも、この製造と創造の狭間で行き来するのが、楽しいからかもしれないと思ったりしている。



0 件のコメント:

コメントを投稿