2017年6月18日日曜日

2017(平成29年).06.18書評

先週の評点:
「ポピュリズムとは何か」(◎):ヤン=ヴェルナー・ミュラー、 板橋拓己、「入門 オークション:市場をデザインする経済学」(-):安田洋祐、 ティモシー・P・ハバード、「招かれない虫たちの話: 虫がもたらす健康被害と害虫管理」(◎):日本昆虫学連合、「はじめてのジェンダー論」(〇):加藤秀一、「百年の散歩」(◎):多和田葉子、「合理的にあり得ない 上水流涼子の解明」(△):柚月裕子。
出張や懇親会が重なりそうで、少し欲張り過ぎたかも。
今週のお題:
「転職に向いている人 転職してはいけない人」:黒田真行、「虹色のチョーク」:小松成美、「書のひみつ」:古賀弘幸、佐々木一澄、「ある日うっかりPTA」:杉江松恋、「地図で見るロシアハンドブック」:マルシャン,パスカル、 シュス,シリル、「テロリストの処方」:久坂部羊、「捜査一課殺人班イルマ ファイアスターター」:結城充考。
ノンフィク:4、小説2だ。
近況:
仕事が立て込み、更に会食で食べた刺身が効いたか、嘔吐下痢(4月米国から帰国時にもあった)に襲われ、体調絶不調の日々を送ってきた。夜久しぶりに8時間睡眠を取り、ようやく復調したが、原因不明のじんましんの最近悩まされ、その薬が睡眠効果を呼び、睡眠時間が十分取れるのは良いが、如何なものか悩んでいる始末。こっちが治れば、あっちが悪くなる。人体とは微妙なバランスで保たれているものだと感心。愚息の方はユニホームは貰えるが、試合には出れないジレンマに悩みつつも、少し学業の方が伸びて来て、自信らしいものが芽生えてきたと家人に褒められている。おっと、手持ちのiPHONE6が多分リチーム電池のせいだと思うが、異常に膨らみ、7に交換する羽目に。2年間の保証期間を過ぎているので、費用が掛かり、更新の方が安いそうだ。又、物入りだ。頭が痛い。新聞にも書いていたが、格安スマホも結局は大手がプランを変えて、市場を席捲しようとしているらしい。中々安価なスマホ時代はやってこないのかも。


0 件のコメント:

コメントを投稿