2017年5月28日日曜日

2017(平成29年).05.28書評

先週の評点:
「100歳までクルマを運転する」(◎):桃田健史、「薬はリスク?: 薬を正しく知るために」(◎):宮坂信之、「誰が日本の労働力を支えるのか?」(◎):寺田知太,上田恵陶奈、「茨城vs.群馬 北関東死闘編」(△):全国都道府県調査隊、「管見妄語 知れば知るほど」(△):藤原正彦、「夜の谷を行く」(△):桐野夏生、「キトラ・ボックス」(△):池澤夏樹。
ノンフィク5、小説2のウェルバランス?
エッセーでは久しぶりの藤原氏登場。辛口批判が鈍っただろうか?評価は低い。小説は大御所二人、毒と希望。そんな色合いを作風の特徴とする両氏の対決も賞味期限切れの感あり。厳しい評点を差し上げた。
今週のお題:
「今すぐ使えるかんたん Windows 10 完全ガイドブック 困った解決&便利技 改訂2版」:リブロワークス、「国会を考える」:大山礼子、大石眞、「氏神さまと鎮守さま 神社の民俗史 (講談社選書メチエ)」:新谷尚紀、「みんなの検索が医療を変える:医療クラウドへの招待」:イラド・ヨム-トフ、石川 善樹、「タマネギとニンニクの歴史 (「食」の図書館)」:服部千佳子、 マーサ・ジェイ、「月の満ち欠け」:佐藤正午、「南アルプス山岳救助隊K-9 レスキュードッグ・ストーリーズ」:樋口明雄。
ノンフィク5.小説2の何時ものパターン採用。小説群はどうだろうか?佐藤氏の前評判は高いのだが。
近況:
ようやく、時差ぼけが直ったと言うか、やや生活パターンを変える努力をしている。例の不足している睡眠時間。この改善だ。要は遅く起きれば良いだけだが、これをすると家人の朝の家事と色々被る事になり、不評だ。だが、枯れておまけに最近は蕁麻疹が直らない私を見て、慈悲心で接してくれている。有り難い事と言うか、それだけ老いが惨めという事かも。はてさて、たった1時間の追加睡眠でもかなり身体が楽になった気がする。その分、欠ける日中の労働?時間は減るが、睡眠もれっきとした活動と考えれば、良しを考えたい。その意味からすると、海外旅行(実際は何時も弾丸出張だが)も時差や睡眠時間の大切さを知る良い機会でもあるのだろう。さて、そんな私を尻目に愚息は中間テストとその後控える京都への修学旅行に思いを馳せ、それをしっかりとフォローする家人が今の家族風景でもある。


0 件のコメント:

コメントを投稿