2017年1月29日日曜日

2017(平成29年).01.29書評

先週の評点:
「納得のいく治療を受けるために 知っておきたい インプラント」(〇):水木信之、「図説 コーヒー (ふくろうの本)」(〇):コーヒー博物館、「日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術」(〇):日経BP社、「理系親子になれる超入門 : 誰かに教えたくなる宇宙のひみつ」(〇):竹内薫、「宇宙ロケット工学入門」(〇):宮澤政文、「青光の街(ブルーライト・タウン) (ハヤカワ・ミステリワールド)」(-):柴田よしき、「 一○一教室」(-):似鳥鶏
ノンフィク5、小説2の意欲志向。残念ながら、今回の選択はどれもイマイチだった。期待が大き過ぎたという事か。小説群は評価無しだが、実際は読みかけて途中で断念。それだけの内容と判断して貰えれば良いかと。刑事モノ、学園モノ、いずれも小説ネタにはし易いが、本当にそれで良いのか?最近そんな事を感じている。
今週のお題:
「MARS(マーズ) 火星移住計画」:レオナード・デイヴィッド、 関谷冬華、「芸術家の愛した家」:池上 英洋、「だから数字にダマされる」:小林直樹、「日本の防災、世界の災害: 日本の経験と知恵を世界の防災に生かす」:石渡幹夫、「壁の男」:貫井徳郎、「籠の鸚鵡」:辻原登。
荒唐無稽と言われた火星移住計画。現実化しつつある。それを最初のノンフィクとして選択した。その他は小粒な生き抜く力の為にと選択。小説群は辻原氏の作品評価高い。果たして読み切れるか。
近況:
出張準備で多忙だ。それに尽きる。しかも、年の初めのお付き合いもあり、飲み会も多く、その上に不在時のブログや小説、イラスト製作・編集の事前用意で、何時もの2倍は働いている感がある。更には親会社の健康診断も来月末には設定されて、このままでは高血圧のままで突入しそうだ。自前で購入した血圧計はどうも下側が高く出るようで、それも不安を煽っている。タニタ製だから文句も言えず、ひたすら家人の作ってくれる酢漬け生姜や玉ねぎを一生けんめい詰め込んでいる、昨今である。



0 件のコメント:

コメントを投稿