2016年12月6日火曜日

健康の羅針盤2 発売開始

健康の羅針盤二 医療と健康の狭間を歩く
目次
●十三夜 月を想う頃
●IKEYAやニトリの回し者ではないが。
●ブランドと寿命
●医療技術の進歩と人生観の折り合い
●二千百年の絵姿
●下りのエスカレーターと言う悲劇
●眠りたくなる、眠りのお話
●爆食がもたらす世界の悲劇
●一番絞りとブランド作り
●老人会ならぬ都知事選挙
●ロング・ナウ・時計をご存知か
●時間泥棒と運動神経
●二十年ぶりの風雪に勝てるか
●グリーフケアを考える
●夢破れて、山河無しとは
●空気が読めない愚かさ
●ワル顔は悪い性格からやってくる
●INPUTとOUTPUTという単純な問題
●悪事が蔓延るは当たり前
●コップの水の在り方を考える
●コーヒーが熱い、熱い、熱い
●取り敢えず、ビールではダメなTRIAGE
●グルメツアーに行く
●ニッシェをご存じか?
●慢性胃腸炎という診断は吉か?
●ゲームも音楽も揺らいでいる
●お酒を飲めない人への朗報
●居たぞ!ピロリ菌
●放任主義が、がん治療には良いらしい!
●渡辺淳一氏の死を悼む
●霜降り肉より、まずは牛乳を!
●深手を負ったインプラント後遺症
●数字で煽られてるのは、誰か?
●山ガールに煽られて
●二十十八年というピーク
●若さという希望と老いという絶望
●引用文献
「宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議」:吉田たかよし
「人間ドックと命の値段」:佐伯一郎
「悪医」:久坂部羊
「早起きのご利益」:佐伯一郎
「どうせ死ぬなら「がん」がいい」近藤誠
「失楽園」:渡辺淳一
「人間ドックと命の値段」:佐伯一郎
「謝るなら、いつでもおいで」川名壮志
●あとがき
本編は筆者ブログ「古い羅針盤」(二十一三・十二月~二十一四・八月)掲載されたものの中から、健康に関するエッセー分を纏めたものです。


0 件のコメント:

コメントを投稿