2016年10月30日日曜日

2016(平成28年).10.30書評

先週の評点:
「名医が教える 足のお悩み完全解決バイブル: 痛み・不調の理由と治し方がよくわかる」(◎):高倉義典、「親なら知っておきたい 学歴の経済学」(△):西川純、「町の未来をこの手でつくる 紫波町オガールプロジェクト」(◎):猪谷千香、「仙涯」(〇):中山喜一郎、「ラストナイト」(△):薬丸岳、「後妻業」(◎):黒川博行。
ノンフィクはやや軽めだったが、足の悩みはタイムリー。町の未来創りも良い事例だ。後妻業はやはり後半の中で光っている。但し、最後の結末はもう少しひねりがあっても良かったかも。
今週のお題:
「逆転の大中国史 ユーラシアの視点から」:楊海英、「「偶然」と「運」の科学」:マイケル・ブルックス、 Michael Brooks、「図解 NPO法人の設立と運営のしかた」:宮入賢一郎、中澤 正人、「ヴァラエティ」:奥田英朗、「西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパークXII」:石田衣良、「QJKJQ」:佐藤 究。
ノンフィク3、小説3のバランス取り。小説群に奥田氏と石田氏の両方を選択。どうだろうか?
近況:
 先週は週初めに上京した為か、疲弊気味だ。睡眠不足も祟り、口内炎も再発し、心身とも不健康で宜しくない。バイオリズムとは一時期流行したが、余り最近聞かなくなった。企業はより生産性向上とばかりに、帰社時間制限したり、朝食フリーにしたりして、その努力は涙ぐましい。経済系ブログには大企業の内部留保分に課税して、従業員への還元(要は給与アップ)を図り景気向上に使いたい財務省の動きが載っていた。確かに、将来への不安が節約&貯金という形へと国民を走らせているのは事実なのだろう。我が家も状況は同じだ。幸い、家人は腕によりをかけた食事で、この僻地生活に潤いを齎してくれるが、それにも限界がある。女性の雇用活用という幻ばかり追い掛けることなく、私自身、家事でも出来る限りの応援はしたいと思っている。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿