2016年9月11日日曜日

2016(平成28年).9.10書評

先週の評点:
「ブラックホール: アイデアの誕生から観測へ」(○):マーシャ・バトゥーシャク、 山田 陽志郎、「50歳からの起業術 ~シニア起業と独立を成功に導く実践的ノウハウ」(◎):中野 裕哲、「ブラックバイトに騙されるな!」(◎):大内 裕和、「電子回路が一番わかる (しくみ図解)」(-):清水 暁生、「マル暴総監」(◎):今野 敏、「ブラック・ドッグ」(◎):葉真中 顕、「美しい距離」(△):山崎ナオコーラ。
ノンフィク4、小説3のバランスを取った。愚息がグロイとか言いながら、「ブラック・・」に嵌まっていた。「ブラックホール・・」はもう一つか。この理論が業界で認められたのはごく最近だというのが分かったが。
今週のお題:
「世界をつくった6つの革命の物語 新・人類進化史」:スティーブン・ジョンソン、 大田直子、「戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗」:加藤 陽子、「人間さまお断り 人工知能時代の経済と労働の手引き」:ジェリー・カプラン、安原 和見、「あたらしい名前」:ノヴァイオレット ブラワヨ、 NoViolet Bulawayo、「私が失敗した理由は」:真梨 幸子、「竜と流木」:篠田節子、「竜と流木」:篠田節子、「罪の声」:塩田 武士。
近況:ようやく、今後の身の振り方が決まったようだ。暫し、この僻地に留まるらしい。幸か不幸か、定かではないのだが。田舎は田舎で良い所があるし、つまらない所もある。都会は刺激的だが、ずっと居ると疲れてくる。まあ、私にはこうした僻地が似合うのかも。それにしても、根無し草人生は変わりそうにない。介護や養護を期待する実家には申し訳ないが、親不孝は継続という所かも。
家人や愚息は何故か、ほっとしているようだ。転勤ともなれば、転宅必要だし、環境も変わる。学校だって変わるしね。私は中学校を3回も変わった猛者だが、その頃から既に根無し草癖が付いていたかも。
それにしても、最近のノンフィクションは面白い。その反面、如何に自分が知性不足かを感じて情けなくなる。愚息も横目で読んでいるので、良い刺激かと。




0 件のコメント:

コメントを投稿