2016年5月29日日曜日

2016(平成28年)・5.29書評

先週の評点:
「小倉昌男 祈りと経営: ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの」(◎):森 健、「Audio Beginner's Club From Zero ゼロから理解するオーディオ入門帳」(◎):「ルノワールへの招待」(◎):朝日新聞出版、「GEEKSTER 秋葉原署捜査一係 九重祐子」(-):大倉崇裕氏、「ままならないから私とあなた」(〇):朝井リョウ氏、「マチネの終わりに」(◎):平野啓一郎氏。
ノンフィク3、小説3のウェルバランス。
「小倉・・」は各書評で高得点を取っている作品。予想通りの作品。その他も良い。小説群では朝井氏と平野氏が良い。但し、芸術性と深みでは平野氏に軍配。徹底的な教養の差とも言えるし、死生観も随分と違う作家同士だ。
今週のお題:
「科学者の目、科学の芽 (岩波科学ライブラリー)」:岩波書店編集部、「トルコ 中東情勢のカギをにぎる国」:内藤 正典氏、「通勤の社会史 毎日5億人が通勤する理由」:イアン・ゲートリー、 黒川由美訳、「われらが胸の底」:澤地 久枝、落合恵子氏、「パンドラの少女」:M・R・ケアリー、 茂木 健訳、「6月31日の同窓会」:真梨幸子氏。
ノンフィク4、小説2のウェルバランス。
近況は余り変わらない。快天が続き、朝ジョグ、昼ウォーキングで何とか1万歩をキープしている。体重も57キロを切り、更にランチを抑え、飢餓状態を創っている。その結果、夕食と朝食が美味しいし、恋しい。まあ、人間の欲望とはこんなものだろう。一方の知性は世界の識者が書く色々な情報に右往左往し、感激し、自分の知識不足を猛省する日々が続いている。こんな僻地でも知性を入手することは可能なんだと思う。ある経営者が毎日会議ばかりで本を読む時間も無いと嘆いていたが、本当にそれで良いのか。新聞はお読みだろうが、それでは日本もしくは海外のマスコミというフィルターでしか物事を観れなくなると思うのだが。要らぬお節介か。
愚息は中間テストが終わり、次は英検だと頑張っている。この付近でも3級を取得しないと高校入試には厳しいらしい。その昔の我が身を振り返れば、今の学生は良く勉強していると思う。逆に言うと、経済格差=教育格差は日々感じるもので、塾、Z会、諸々の恩恵を愚息も受けている。さて、何時まで続けられるものか。私の経済力に依存するとしたら、風前の灯ではなるのだが。


0 件のコメント:

コメントを投稿