2016年3月27日日曜日

2016(平成28年)・3.27書評

先週の評点:
「石川啄木」(○): キーン,ドナルド、 Keene,Donald、「季節のなかの神々: 歳時民俗考」(○):小池 淳一氏、 「2020年 世界経済の勝者と敗者」(○):ポール・クルーグマン、 浜田 宏一氏、「ロング・ロング・ホリディ」(△): 小路 幸也氏、「ピロウボーイとうずくまる女のいる風景」(△):森 晶麿氏、「邪眼: うまくいかない愛をめぐる4つの中篇」(-):オーツ,ジョイス・キャロル、 Oates,Joyce Carol氏。
ノンフィク3、小説3のウェルバランス。
分厚さで言えば、「石川啄木」だ。もっと勉強しなくてはと思っていたが、やはり暗い。貧困との常に戦いながら、自分の知性の居場所を探している感じだ。「神々・・」は地方特有の神々と神事の絡みがが面白い。クルーグマン氏はまさにアベノミクスの理論リソースに当たる。御用学者でないことを祈って、読んでみたが、どうだろうか。この辺りが別ブログにも書いたので参考にされたい。その他小説群は全敗だ。
今週のお題:
「ギリシア人の物語I 民主政のはじまり」:塩野七生氏、「乱獲: 漁業資源の今とこれから」: ヒルボーン,レイ、 ヒルボーン,ウルライク、「からだにやさしい腰痛克服法 --徹底図解 腰痛の原因と対策-- (名医が教える健康バイブル)」:駒形正志氏、「終わった人」:内館牧子氏、「軽薄」:金原ひとみ氏、「異類婚姻譚」:本谷有希子氏。
ノンフィク3、小説3の意欲的取り組み。小説群は本谷氏の事前評点低い。意外。金原氏の作品は怖いもの見たさ的で何時も途中で投げ出してしまうが、今回はどうか?ノンフィクは大御所塩野氏作品を有難く読ませて貰う積り。しかし、長文だ。あの痩身にこのエネルギー!凄い。
私の近況は、送別会が続き、どちらかと言うと、暖かく送り出す側で何となく、もの悲しい。若いのに、職場に馴染めずに都会へと漂流してゆくもの。道半ばなのに、他工場へと飛ばされる工場長。たった一年で職位変更のあったもの。満期完了して、悠々自適の老後を迎えるもの。人それぞれだ。私こそ未だ、ソフトランデイング出来ていない。明日は我が身の宮使いに変わりはない。

0 件のコメント:

コメントを投稿