2016年1月31日日曜日

2016(平成28年).1.31書評

先週の評点:
「限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭」(◎):ジェレミー・リフキン、柴田裕之訳、「親には一人暮らしをさせなさい」(◎):三村麻子氏、「女性と子どもの貧困~社会から孤立した人たちを追った」(◎):樋田 敦子氏、:「墓標なき街」(○):逢坂 剛氏、「真犯人」(◎):翔田寛氏。
ノンフィク3件、小説2件のウェルバランス。
待望の「限界・・」だ。一度このブログでも紹介したものだ。「親・・」は介護ぎりぎりの老親を持つ身として、勇気が貰えそう。「女性・・」は残酷な現状が見える。貧困は教育格差を呼び、最終的には弱者に影響する。小説は久々の逢坂氏だ。だが、以前の様なスピード感がない。先日のSWのハリソン・フォードを観た時の感じと似ている。百舌で引っ張るのはむ無理っぽい。一方、「真犯人」は丁寧な描写が好感もてる。遅咲きの作家だが、今後期待したい。
「刑罰はどのように決まるか: 市民感覚との乖離、不公平の原因」:森 炎氏、「おひとりさまの最期」: 上野千鶴子氏、「冬の光」:篠田節子氏、「 KZ’Deep File 青い真珠は知っている」:藤本 ひとみ氏。
ノンフィク2件、小説2件をチョイス。
刑の問題と、老後の問題を選択。どうだろうか?小説群はいずれも事前評点は高い。篠田氏はしばらく社会問題に特化していたが、さて?藤本ひとみ氏も息の長い作家だ。
私の近況は、年始の挨拶が未だ続いている。こちらもようやくエンジンが掛かりだした所だが、度重なる帰省で疲れも溜まり、ジョギングも怠りがちになって、困惑している状態だ。株安、円高で始まった今年も、少し落ち着きを取り戻して、こちらもホッとしている所。「限界費用ゼロ社会・・」ではないが、成長在りきで全てをうまく回そうとしている事に無理があるのだろう。今あるモノを上手く利用、活用することこそが、良き日本を作る一番の手立てだと思う。まあ、政治家も経済界のお歴々もそれでは、自分たちの顔が立たず、YESとは言わないのだろうが。話は変わるが、歌人も近くの歯医者で歯ぎしりによる歯の劣化を指摘されたらしく、マウスピースを付けて就寝する事になった。夫婦揃って、マウスピースとは情けない話だが、それだけストレスの高い社会に暮らしているという事かもしれない。田舎と侮ってはいけない。むしろ、閉鎖的な僻地こそ、ストレスが高い場合があるからだ。




0 件のコメント:

コメントを投稿