2015年11月29日日曜日

2015.11.29書評

先週の評点:
「AIは「心」を持てるのか」(◎):ジョージ・ザルカダキス、長尾 高弘訳、「くらべてわかる世界の美しい美術と建築」(◎):五十嵐太郎氏、「こころの健康診断」(◎): (ニュートンムック Newton別冊)仮屋暢聡氏、「 猫踏んぢゃった俳句」(○):村松友視氏、「朝ドラの55年―全93作品完全保存版」(○): NHK出版、「シャッフル航法」(○):円城搭氏、「レールの向こう」(-):大城立裕氏。
 ノンフィクはどれも逸材。「比べて・・」も良くぞ、ここまで編集したと思うほど、文明を追いかけている。「猫・・」は名だたる文豪の人生履歴の傍文が付記されていて、面白い。こちらを主題にした方が売れそうだが、少し赤裸過ぎるか。「朝どら・・」は愚息が熱中して観ていたでの高評価とした。本中には名だたる脚本家が登場するが、意外に皆さん中年女性が多い。人生経験豊富でないと、良い脚本も書けないのかも。二女がこの道を目指しているが、果たしてそこまで人生経験は無いので、大丈夫かな?と思ったりした。「シャッフル・・」は短編集だったので、先日の「プロローグ」よりはインパクトに欠けたと思う。やはり、SFにはクリアな頭脳で立ち向かわないと、光景が頭に浮かばない欠点があるかも。
今週のお題:
「多縁社会」: 篠原 聡子氏、「東工大講義 生涯を賭けるテーマをいかに選ぶか」:最相葉月、「スキン・コレクター」:ディーヴァー,ジェフリー、「繭」:青山七恵氏。
ノンフィク2、小説2のバランス。連休の多かった先週に比べると、少ないか。師走も迫っていて、公私ともども忙しい時期だ。本など読んでいられないと言わずに、暫しお付き合いを。「多縁・・」は高齢化社会でのコミュニテイの在り方を、「生涯・・」はノーベル賞受賞者を中心とした講演会のまとめ、「スキン・・」は例の「ボーンズ・コレクター」のシリーズものだ。長文故に読み切れるかどうか。「繭」は経済新聞の書評点が高かった作品。
私の概況は師走に先駆けた役員会対応や設備安全祈願祭等々で何かしら忙しい。私的にはクリスマスプレゼントの準備や帰省準備でこれまた、忙しい。毎日テレビで観る都会のクリスマス準備風景は家人や愚息には刺激的らしく、何処かで上京もしなければならないだろうし、はてさて、そんな事をやっている時か?と自問自答しながらも、しっかりと時は経ってゆく昨今である。この時期は「ぐりとぐら」の12か月絵本を思い出す。12月無事に終われば、全て良し、と。


0 件のコメント:

コメントを投稿