2015年10月30日金曜日

新刊「隣国がヤバい」古い羅針盤34章が発売開始されました。

隣国がヤバい
古い羅針盤34章
大麻が許可される時代が来る?
人工頭脳の後に来るモノ
ひとり出版社の生き方をなぞる。
出来ない理由探しの前に
ユニクロと人工頭脳
「今から仕事をやめてくる」が受けている
シェアという冠が増えてきた
歴史改ざんの厚顔さ
移民の問題を考えてみる
20cmの恐怖がやってくる
13億人の向う場所は?
逃げるが勝ちを憂うなかれ
合理性の観点を問う
ロイヤリテイの有り様
10年という不便さを問う
リスクへの対処方法を考える
ワーク・ライフとケアバランス必要?
300億円という強欲
輸出出来ないクールジャパン
ダンベルは必要か?
寸止めの極意
新たな人的資本投資の行方
ヤバいはヤバくなっている?
国からお金が出るというナンセンス
法人と国、従業員との距離感
NO1でなくてはダメなんですか?

0 件のコメント:

コメントを投稿