2015年9月27日日曜日

2015.9.27書評

 先週の評点:
「日本の最も美しい名建築」(◎):田中 禎彦氏他、「厳選!デザインマンホール大図鑑」(◎):カラーマンホール研究会、「感じる言葉 オノマトペ」(◎):小野正弘氏、「君の隣に」(○):本多孝好氏、「その愛の程度」(○):小野寺史宜氏。
 ビジュアル系雑誌は見ているだけでも楽しい。「日本の・・」は内部見学は経験無いが、紹介された名建築物は結構見ているのでほっとした。東京駅界隈にも多いので、少し探検してみたくなる。「厳選・・」はかなりのマンホールオタク本。でも、これだけマンホールの絵柄に拘るのは日本人だけと聞き、少し誇らしくなる。「感じる・・」はブログでも取り上げた。残り小説は二つともなかなかだ。シルバーウィーク故に時間もあり、ゆっくり楽しめた。本多氏はやや暗く、エンデイングが冗長かなと思う。小野寺氏は明るいが、やや軽いか。
 今週のお題:
「この一冊でまるごとわかる!人工知能ビジネス」、「異常気象の疑問を解く!」、「イラストレーターの仕事がわかる本」:グラフィック社編集部、「日々の光」:ルービン,ジェイ、「空色の小鳥」:大崎梢氏。
 ノウハウモノを3冊。小説を2冊選択。いずれも簡単そうなので、選択。小説の「日々・・」は経済新聞の書評に掲載されていたが、アマゾン評価はやや厳しめ。
 さて、私のシルバーウィークは、読書三昧とはいかず、普段家に手が出ない家人の家事手伝いや愚息のバスケ試合場への送迎(実に車で往復1時間も掛かる僻地!)や、溜まっている小説やイラストの整理に追われた。朗報としては、PhotolibraryでCG作品が販売された事とか、Eエバリスタで初めて小説が購読された事か。微かながらも前進と評価したい。悲報はアップルのOSアップグレード(iOS9.0)で海外イラストソフトが動かなくなった事か。メールでその旨を直接告げると来月には対応するとの事。まずは一安心。今、IPAD使っているのは、主にその用途なので、IPAD自身の存在価値が無くなると危惧していた。そういえば、このクラスのタブレット端末の売りが絵は伸び悩んでいるようだ。確かに、IPHONEがあれば何でも事足りるのは事実。より小さく、軽量化の流れの中で、タブレットは利便性の意味でもう一皮むける必要があるのだろう。



 

0 件のコメント:

コメントを投稿