2015年8月30日日曜日

2015.8.30書評

先週の評点:
「ヒトはこうして増えてきた: 20万年の人口変遷史」(-):大塚柳太郎氏、「負けない力」(△): 橋本治氏、「勁草」(○):黒川 博行氏、「校長、お電話です!」(◎):佐川 光晴氏。
「ヒト・・」は今後110億人にも至りそうな人口にうんざりで、読む気がしなかったので申し訳ない。「負けない力」は事前評点高かったが、知性を語るにはページ数不足。「頸草」は直木賞前の黒川氏の初作品?事前評点は厳しく、その通りだった。「校長・・」は家人が学校勤めをしているので、臨場感あり。筆者は家人が小学生教諭とか。だから詳しいんだと納得。
今週のお題:
「決定版 広島原爆写真集」:小松健一氏、「“ひとり出版社”という働きかた」:西山雅子氏、「悲素」: 帚木蓬生氏、「 ザ・原発所長(上)(下)」:黒木 亮氏。
先週と同様、フィク2:ノンフィク2の割合で攻めたい。写真集は広島発だ。何度か広島は訪問したことがあるが、ドーム近くまでで博物館までは足が運べていない。その代替でこの写真集を見たい。「ひとり・・」は電子出版のお世話になっている私としては肩身が狭いが、本つくりの原点に触れてみたい。小説群はいずれも大御所達が時代とまともに向き合おうとしている。事前評点も高い。
さて、私の近況はそれほど変わりない。相変わらず、重い腰を上げてジョギングを日課として続けている。そのバックアップとして、マッサージ付きの椅子を購入。実家にある数十万円の高価なものは買えないので、ソファ横に置いても耐えられる超安価なものを選択。(家人の殆ど意見を採択)私は2回ほど、愚息は1回、家人はいまだ利用無しで、多分、椅子代わりに使われるか、物置行きかも。残念。
さて、家人と愚息は夏休みを堪能しているが、「毎日かあさん」ならぬ、「毎日クラブ」で実際の休みは存在しないから可哀そう。「校長・・」に依れば、中学校3年間が一番、多感で成長度合いの大きい時期らしい。毎日クラブで身体をしっかり鍛えるのがベストなのかもしれない。日々身長が伸びてゆく愚息を見ているだけで元気が貰えるのは親の特権かもしれないと考えている昨今でもある。




0 件のコメント:

コメントを投稿