2015年7月26日日曜日

2015.7.26書評

 先週の評点:
 「ネアンデルタール人は私たちと交配した」(◎):ペーボ・スヴァンテ、「プロテウスの罠 9」(△):朝日新聞、「太宰治の辞書」(〇):北村薫氏、「キャパへの追走」(〇):沢木耕太郎氏、「僕の心の埋まらない空洞」(△):平山瑞穂氏、「かたちだけの愛」(〇):平野 啓一郎氏。
 「プロテウス・・」は朝日新聞が執念を持って、追い掛けている原発事故のその後だ。いずれの事例も悲惨で声が出ない。弱者切り捨てで本当に良いのか?考えさせられる。でも、日本には未だ他にも弱者は多い。偏ってばかりではどうかとも思う。「キャパ・・」は筆者のライフスタイルのような有名写真家のトレースルポだ。「太宰・・」は本当に本好きな北村氏の真骨頂とも思える作品だ。残念ながら、私に其処までの見識が無くて申し訳ない。平野氏のこの作品は、恐らくモデルの奥さんの影響が色濃く出ているのだと思う。芸術方面でも多感な作者の経験が活かされていると思う。
 今週のお題:
「敗者たちのツール・ド・フランス」:マックス・レオナルド、「虫の虫」:養老 孟司氏「私の「戦後70年談話」:岩波書店編集部、「決壊(上)(下)」:平野 啓一郎氏。
 ノンフィク3冊、小説2冊のウェルバランス。だが、決壊は長編で重たい。平野氏の代表作だが、アマゾン評点はばらついている。ノンフィクは筆者が好きな世界を書いているので、好き嫌いは出るかもしれない。
 私の近況は大学同期の集まりのお知らせがあった位か。そんな年齢になったのかもしれない。旧肩書きを忘れて語り合えるものかどうかは定かではない。その分、高校時代の同期会の方が楽しいが、何せ、遠地。20年前に出席して以来ご無沙汰だ。申し訳ない。家族の近況は愚息と家人共に夏休みになり、暇を持て余しているはずなのに、愚息はクラブ活動で真っ黒に日焼けしている。が、足が痛いそうで、マイペースは相変わらず。あんまりムキになって頑張らない所が最近の若者風で可笑しい。これから帰省や一寸した旅行やら計画して、帳尻を合わせなくてはならないのは、毎年恒例行事でもある。


0 件のコメント:

コメントを投稿