2015年3月31日火曜日

2015.3.29書評

先週のお題の評点:
「もっと知りたいマグリット 生涯と作品」(◎):南 雄介氏、「もっと知りたいル・コルビュジエ―生涯と作」(○):美佐, 林、「宇沢弘文の経済学 社会的共通資本の論理」(○):宇沢 弘文氏、「記録された記憶 東洋文庫の書物からひもとく世界の歴史」(◎):東洋文庫、「銀幕の神々」(△): 山本 甲士氏。
「記録・・」は古分書の有難さが身にしみる雑誌だ。文字と印刷された書物で、人類は歴史を刻んできたと実感した。「マグリット・・」もその生涯の歴史が紐解かれていて面白い。彼が広告も商売とし、且つ戦時中の荒れた絵、ルノワールに浮かれたパステル画も、彼の人生なのだとと納得。晩年は元のマグリット?らしい?作風に戻ったのは、世評の厳しさだったか。
今週のお題:
「今日も一日きみを見てた」:角田 光代氏、「刑事群像」:香納 諒一氏、「ファミレス」: 重松 清氏、「流星ワゴン」: 重松 清氏。
 一番最初の作品は猫を主体としたエッセー。その他は小説群。香納氏は骨太の刑事ものの
大家になりつつある。重松氏は流星ワゴンで大ブレーク中。以前読んだ記憶が定かでないので、新たな気持ちで臨む積り。要領の良い愚息はエンデイングを読んで、テレビと違うと早速騒いでいた。大ブレークの理由は希薄になった父子の世界を反省的に捉える所だろうか?
 そう言えば、先週の経済週刊誌のネタは「叱れない上司と叱ってほしい部下」だったが、今や企業も上下関係が難しい。週刊誌でも取り上げられていたが、企業に入るまでに、親子、兄弟、先生生徒の関係がすべてフラット化し、上下の定めを良く分からないのだ。強権的に振る舞えば、セクハラ、パワハラと訴えられるし、弱気では組織はガタガタだ。
 困った。
 もっと困るのは、パワハラ、セクハラを盾に騒ぐモンスター社員。弁護士以外、敵うもの無し状態だ。解雇条件が明確でない日本労働界では、当たらず障らずの人事政策しか出来ない。それが又、海外展開した時に、現地の人々との待遇格差で問題になるのだ。
 さて、私事ではあるが、暫し、家族が春休みに突入する。否、すでに入っている。よって、帰省のお助けとか、終の棲家の探索とか、結構今週は忙しい。家が決まれば、おのずとこの地とサラバの時期も決まるはず。そんな淡い期待を抱いてもいる。

0 件のコメント:

コメントを投稿