2015年1月28日水曜日

2015.1.25書評


 先週のお題:
「管見妄語 とんでもない奴」(○):藤原 正彦氏、「エボラの正体」(○):デビッド・クアメン、 西原智昭氏約、「超高齢社会の未来 IT立国日本の挑戦」(△):小尾 敏夫氏、岩崎 尚子氏、「ノーベル賞から見る現代物理学の系統 (newton別冊)」(○):ムック、「壊れた自転車でぼくはゆく」(◎):市川拓司氏、「鳩の撃退法 下」(△):佐藤 正午氏。
 藤原氏は切れが無くなっている。見識者として呼ばれても、それが反映されないジレンマがあるようだ。エボラはその歴史を丁寧にトレースしている。超高齢化社会は唯のインタビュー集。ダメ本。鳩の撃退法は何処が面白いのか?全く分からない。枚数勝負か?
 今週のお題:
「古地図が語る大災害」:本渡 章氏、「エネルギー資源のすべてがわかる」:矢沢サイエンスオフィス、「パレートの誤算」: 柚月 裕子氏、「四人組がいた」:高村 薫氏。
 小説の前評判はどちらもバラつきがある。特に高村氏の雑食肉食系には、癖があって食傷気味の読者も多いようだ。さて?
 私自身は体調が少し戻ってきているが、不眠症が続いているし、それに口内炎と足の痙攣が重なり、調子が出ない。だが、懸命に前に進んでいる。
 ちなみに、先週購入したIPAD Air2は予想以上に軽いし、動きも早い。但し、ドコモの言い値で買ったから、これならMAC BOOKがオークションで買えたかもと、反省している。やはり、衝動買いはいけません。
 家人や息子は既に春休みの計画を立ちつつあり、USJツアーの要請を受領。が、あそこって、異常な混み具合。しかも、お気に入りのアトラクションをしっかり観ようとすると、入場券とほぼ同じ金額が必要らしい。流石!金にセコイ関西商売。関東の人間には付いてゆかない所があるので、却下。金さえ積めば、何でも見せちゃる!って、エグイ!
 話は変わるが、テレビで流星ワゴンの放映が始まった。妻の浮気に、息子の家庭内暴力。古くて新しい家庭小説のテレビ化だ。この息子も中学受験に落ちて、家庭内暴力に陥る。やくざだった父を反面教師にして、優しい父親像を追い求めた父親の苦悩は、何となく、先日述べたソフトヤンキーとノンヤンキーの人生論と重なってくる。哀しいよなあ、人生。苦しいようなあ人生。

0 件のコメント:

コメントを投稿