2014年12月30日火曜日

2014.12.27 書評


 先週のお題。
「徹底解剖! 東京駅100年 過去 現在 そして未来へ」(○):ムック、「トピックス憲法」(-):大林 啓吾氏、 鈴木 敦氏、「死にたくなったら電話して」(○):李龍徳氏、「埋れた牙」(△):堂場 瞬一氏、「竜が最後に帰る場所 」(△):恒川 光太郎氏
 「シロガラス 3 ただいま稽古中」(◎):佐藤 多佳子氏。
東京駅はテレビでも特集あり。余りインパクトは無くなった。キッテが観覧のメッカとは知らなかった。憲法はごめんなさい。頭に入らない。やっぱ、人の作った法律は苦手。李氏の作品は不思議な感覚は残るがそれでどうか?と思う。堂場氏のこの作品は切れ無し!佐藤氏は息子のお気に入り。
 今週のお題。
「看取り」の作法」:香山 リカ、「生きてるだけでいいんです」:香山リカ氏、「アインシュタインの逆オメガ 脳の進化から教育を考える」:小泉 英明氏、「ほんとうの花を見せにきた」:桜庭 一樹氏、「宴の水底」:朱川 湊人氏、「繊細な真実」:ジョン ル・カレ。
 前評判高いのは、大御所、ジョンルカレのみ。その他は駄作っぽい。特に最近の日本の男性陣の迫力の無さ!やる気あるのかしら?
 さて、今年もいよいよ終わり。学校も終業し、家人も息子もリラックス。と言っても年明け早々に受験があるので、まずはインフルエンザに罹らないようにと、外出は控えるらしい。今年の年末年始は地味編でいけそう。
 一方、会社の方も業務は終了し、終わりよければ全て良し!だ。
 このブログも開始して、二年半。今年はアマゾンジャパンと喧嘩したし(向こうが一方的に仕掛けてきた?)、相変わらずゴツゴツした一年でした。小説もイラストも色々努力しても売り上げは一向に上昇しないけれど、読者が居る限り継続する積もり。引き続き、ご愛顧のほど、宜しくお願い致します。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿