2014年11月29日土曜日

新たに、「一条探偵外伝4(総集編)」のカウントダウンキャンペーンを開始します。

新たに、「一条探偵外伝4(総集編)」のカウントダウンキャンペーンを開始します。
作品:「一条探偵外伝4(総集編)」
著者:渡辺あやひさ
絵:あや工房
出版社:アマゾンジャパン(KDP)
期間:11/30 8時 ~ 12/6 8時
カウントダウン予定 初日:1$~から始め、4$、7$、10$、13$ 最後は元の20$も戻ります。(ですから、初日 ~12/1 12時までお買い上げくださると、とてもお得に購読出来ます)

内容:
筆者初刊行本「人間は走る」(文芸社)の外伝4巻の総集編です。
登場人物
一条:主人公、元探偵、現警察庁特殊部隊
寺田:一条の部下
死神D:昔からの一条のライバル
王子:青鬼族の長
明子:自殺した者の妻
洋子:同上 
圭子:一条の次女
相坂:僧侶、元やくざ
理恵:一条の妻
哲哉:一条の長男
輝矢:一条の次男
隆 :神
 あらすじ
定官近くなった一条に舞い込んだ事件は、異常な自殺者の発生だった。
しかも、それが特定のJR駅で発生しているらしい。
気の使い手の後継者となった寺田刑事と一条は、その被害者の妻、明子の元に
向かうのだが。
気の使い手になった一条が、最終の聖戦に向けて、立ち上がります。
外伝2で登場した神である隆、外伝3で登場した死神A等々が再登場。
神と死神の対決は如何に。自殺者たちの救いは在るのか。
現代社会の闇を描きながら、明日への希望を語る筆者一条シリーズの最新作品です。



0 件のコメント:

コメントを投稿