2014年10月27日月曜日

2014.10.26 書評

先週のお題。
 「「無」の科学」(◎):ジェレミー・ウェッブ、 水谷 淳訳、「自分で決める 人生の終い方: 最期の医療と制度の活用」(○):樋口 恵子氏、「運転、見合わせ中」(○):畑野 智美氏、「壁と孔雀」(○): 小路 幸也氏。
 「無の科学」は面白い。今、我々が何気なく使っている数字の0さえも、誕生には時間が掛かった。確かに0という概念が難しい。何も存在しない。そんな事、精神的に耐えられなくなるではないか。宇宙の誕生も何も無いところから始まった。だから、それ以前の時間も存在しない。宇宙誕生と共に、時間も生まれたのだ。「人生の終わり方・・」は切ない。昨今、熟年夫婦は離婚するか、もしくは最後は墓を別々にとまで、夫軍団は嫌われている。横暴なんだと思う。稼ぎも大事だが、愛情も重要なんだと時代は言っているが、現実の中高年には通じない?
 残りの二つの小説はまあ、○か。畑野氏はどうしようもない若者層をしっかり書いているし、小路氏の丁寧なSTORYと最後の解決締めは唸らせる。これでないと、推理小説とは言えないか。
今週のお題。
「錯視芸術図鑑:世界の傑作200点 ブラッド・ハニーカット、テリー・スティッケルズ、 北川 玲訳、「大人でも答えられない! 宇宙のしつもん」: 荒舩 良孝氏、「ナイト&シャドウ」:柳 広司氏、「月蝕楽園」:朱川 湊人氏、「寄居虫女」:櫛木 理宇氏、「わたしが殺した男」:永瀬 隼介氏。
 教養本が少なく、小説が多くなった。少し教養育成も疲れてきたか。アマゾン書評では、朱川氏と櫛木 氏が良いが、「寄居虫女」は最初読んでいて、むかむかして来たので、止めてしまった。女のドロドロ感に今週は堪えられないかも。
 私の近況は口内炎が直りかけたと思ったら、メニエルシがしつこく潜伏していて、おまけに腰痛も警報を鳴らしている。今日はカラッと良い天気だったが、何処にでも出ず、静養中。
 アマゾンジャパンとは和解し、溜まった出版物から再開すれど、読者は中々戻らず。苦しい。先日、ラジオでKDPの紹介をしていたが、これだけで飯は食えないと作家の佐々木さんが述べていた。やっぱりなあ!日本では未だ、電子出版の比率は10%程度。しかも、漫画本が多い。まあ、ビジュアル系がネットとの親和性が良さそうだと思う。しかし、漫画は描くのに時間が掛かる難点と何処でも何時でもって訳にはいかない。エバリスタに掲載開始した4コマは評判良いが、一日一枚が精一杯。
 さて、そんな不満を述べても前に進まない。息子は修学旅行で東京・鎌倉めぐり。私が小学生の時は東京見物だったので、時代はそう変わっていないか。だが、自由行動も付加されていて、やはり内容もデラックス。お小遣いは1万円まで可!今時の小学生はリッチだ。
 まあ、受験を控え、少しのリラックスになればと。親子の算数勉強はまだまだ続く。はあ~~!


 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿