2014年9月30日火曜日

2014.9.28書評


 先週のお題:
「その問題、経済学で解決できます」(△):ウリ ニーズィー、ジョン・A. リスト、Uri Gneezy、 John A. List、「還暦からの電脳事始(デジタルことはじめ)」(◎): 高橋 源一郎氏、「マヤ・アンデス・琉球 環境考古学で読み解く「敗者の文明」」(△): 青山和夫氏他、「フェルメール巡」(◎): 朽木 ゆり子氏他、「 フラッシュモブ 警察庁情報分析支援第二室<裏店> 」(△):遠藤 武文氏、「癒し屋キリコの約束」(△): 森沢 明夫氏。
 「・・経済学・・」はちっとも経済学ではなく、生きるノウハウみたいな事が書いてるだけ。高橋さんのIPAD好きはネタに貢献したので◎。フェルメールもなかなか良かった。小説群は全てダメ。受け付けなかった。
 今週のお題:
「「自分」の壁」:養老 孟司氏、「虫娘」:井上 荒野氏、「ゴーストマン 時限紙幣」:ロジャー ホッブズ、Roger Hobbs、 田口 俊樹訳。
 今週は絞った。先週まともに読んだ本が無かったせいもある。養老氏は尊敬するオジサンだが、ノウハウモノ故に受け入れられるかどうか。井上氏は半生記みたいのを新聞に投稿しているので、どうかな?って思ったが、やはり凄い作家だ。◎候補。もう一つはカジノ泥棒の小説だが、読み切れるかどうか。
 私自身は、まだアマゾンジャパンとガタガタやっている。向こうの担当者の対応は不親切極まりないが、無料という事で諦観するしかないか。段々こちらも疲れてきていて、そろそろアマゾン離れを真剣に考える時期が来ている。電子出版社は昨年に比べれば、随分と増えてきていて、検討中だ。売れない作家にはエブリスタが今は第一候補。ここで、日々百円の購読料を積み重ね、何百万円もの購読量を稼いでいるライターも居るそうだ。好きな道ならば、突破する道も見つかるはずと、頑張るしかないかな。
 それもあり、あるいは会社での3日間の英語漬け会議、会食等で先週はかなり疲れてしまった。
 何とか、今週こそ、体調を戻してと思っていたが、今日早速、近くの公園の芝刈りに駆り出され炎天下で2時間の重労働。
 町内会の集まり故に文句は言えないが、それにしても本来の住人の集まりが悪い。まあ、都会よりはましなのかもしれないが、公共的奉仕は人気が低い。市民、町民の意識は中々浸透しないものかも。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿