2014年8月26日火曜日

ネタ切れのハリウッド映画

「そして、父になる」に引き続き、ダイハード4を観た。ご存じ、ブルース・ウィルスの当たり役だ。最初が1988年だから、25年経っている。そりゃあ、主人公もバテテくる?一作目のジャケット見ると、ちゃんと毛髪もある。彼とは同世代。頑張ってるよなあってのが、印象の映画。後継者として、CIAの息子が出て来るが、何か、父と息子の映画って切ない。勧善懲悪で安心して見て居られるのが、良いかも。例の中国寄りの傾向があるかと注視したけど、敵はいつもロシアになっちゃう。冷戦は終わったのに。
アクションシーンは派手だし、CGとの境目も分からず、良好。時間潰しには良いが。取り敢えず、同じ中年頑張りに甘点(〇)。
 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿