2014年7月29日火曜日

2014・7・27書評

先週のお題:
「高齢者が働くということ---従業員の2人に1人が74歳以上の成長企業が教える可能性」(◎): ケイトリン・リンチ、 平野 誠一訳、「 ぼくはスピーチをするために来たのではありません」(△): ガブリエル ガルシア=マルケス、Gabriel Garc´ia M´arquez、 木村 榮一訳、「 愛ふたたび」(△): 渡辺 淳一氏、「 小太郎の左腕」(△): 和田 竜氏、「 貘の檻」(△): 道尾 秀介氏、「 星々たち」(◎): 桜木 紫乃氏。
 「高齢者・・」は日本のレポートではない。海外モノだ。高齢化社会の問題は日本だけではない。先進国のみならず、輝ける躍進をしている中国ですら、抱え出している問題だ。その意味で海外の実情を知るのは意味がある。掲載されている事例はある針製造工場だが、その創業者の辛抱強い哲学が、この困難さを克服させている。素晴らしい。老いた人生だって、そう悪くない気がする。
「ぼくは・・」はスピーチ集。少し古いし、作家の独白調で読み切れなかった。
 小説群に関しては、渡辺氏は先日亡くなられた時、酷評したので、絶筆モノを改めて選択。でも、はやり酷い。「小太郎・・」はダメ。和田氏は暫し、スランプだったのだろう。「海賊の姫」で復活した気がする。桜木氏は期待通り。読むのが怖い作家だ。
今週のお題:
「放浪哲学 11年かけて130カ国15万㌔の自転車ひとり旅」:中西 大輔氏、「 妖怪図譜: 江戸の化物大集合 (別冊太陽 日本のこころ 219)」: 安村敏信氏、「御子を抱く」: 石持 浅海氏、「 透明な迷宮」: 平野 啓一郎氏、 「リップステイン」: 長沢 樹氏。
 もっと多くの教養書を借りたかったが、腰痛に付き自制。「放浪哲学・・・」は元気が欲しくて選択。「妖怪・・」は妖怪ウォッチブームにあやかってと、小説の種使いに。
 小説群は比較的中堅所が揃った。全然、違う話だけど、平野氏の奥さんはモデルの春香らしい。素敵な女性で正直羨ましい。同じ大学で、同じ小説家なら、私にも可能性あるかも。これは冗談。

 私の近況は何にしても、週初めのぎっくり腰。ブログでも書いたように、夏季特訓とばかりにトライしたジョギングと、3連休に庭の草むしりや車の掃除、更には家人の家の手伝いと、かなりの活躍の影響かもしれない。
 人間、無理は出来ない。
 ぎっくり腰の静養の為に(と、云うか思うようには動かないので)、睡眠十分でかなり肉体的総合体長は改善したのは、まさに怪我の功名。
 ホームドクターを訪問するも、老若男女が沢山集っていて、とても迅速な処理は期待できない。よって、飛び込みで接骨医に。これが以外に、功を成し(といっても、確証が持てたのは、3日後)
どうにか、軽い筋トレ(これもストレッチ程度)と軽いウォーキングまで、こなせるまでに復帰。
若い接骨医曰く、背骨が曲がっている、体が硬い、同じ姿勢を継続させないことと。
 う~ん、当たってる。
 今後、心しよう。
 それ以外は、平穏無事な日々が続いている。小説は1週間に二冊程度の販売でやや向上。イラストは採用率50%程度だが、販売はされない状況が相変わらず。まあ、こんなものだろう。石に上にも三年と言っていたが、腰痛ゆえに、この辛抱も何時まで続けられるかどうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿