2014年6月24日火曜日

2014・6・22 書評


先週のお題。
 「インフォグラフィックで見る138億年の歴史: 宇宙の始まりから現代世界まで」(◎): ヴァレンチナ・デフィリッポ、ジェイムズ・ボール、 北川 玲訳(継続)、 「ムーミンを生んだ芸術家 トーヴェ・ヤンソン」(○): 冨原 眞弓訳、「 世界で一番美しい駅舎」(○)、「 レーガンとサッチャー: 新自由主義のリーダーシップ」(◎);ニコラス ワプショット、Nicholas Wapshott、 久保 恵美子訳、「夜は終わらない」(△); 星野 智幸氏、「 寂しい丘で狩りをする」(△); 辻原 登氏。
 ビジュアル系はどれも良い。「インフォグラフィック」は人間の理解は図で示すことで格段と向上することを教えてくれる。
 「ムーミン」はムーミン好きには堪らないだろう。もともとのキャラは少しグロイ所から始まっているんだと納得。「世界一の駅舎」はその60%は訪問した事があり、変に懐かしい。こうしてまとめてみると、大陸の欧州に素晴らしい駅舎が存在することが分かる。
 「サッチャー」は奇しくも、サイドで「ライス国務長官の手記」を読み始めているので、政治の世界が少し見えてきて、面白い。これについては、別に私見を述べる予定。
 小説群は遺憾だが、良い作品が見当たらない。う~ん!!
今週のお題。
「10年目の真実 9・11からアラブの春へ」:太 勇次郎氏、 「夫婦のルール」: 三浦 朱門氏、 曽野 綾子氏、「 世界のデザイン・ミュージアム」: 暮沢 剛巳氏、「アトミック・ボックス」: 池澤 夏樹氏、「 仮面同窓会」: 雫井 脩介氏。
現在、イラクが崩壊しつつあり、アラブの春といった行き過ぎの振り子の反対側へと時代が動こうとしている。民主主義が理想なんて幻想を抱くのは若者だけで良い。自由と平和はある平衡状態にあるから意味がある。それを権力闘争に使うから、時代が乱れるのだ。そんな理由で冒頭の本を読もうと思っている。「夫婦」はノウハウモノなので敬遠したいところだが、切れ味鋭い、曽野氏故に覗いておこうと。「世界のデザイン」は要は世界の現代美術館の紹介。残念ながら、MOAしか私には経験がない。
最後の問題の小説群。久しぶりの池澤氏。彼にしては短編だが、期待したい。「仮面」は前評判低く、どうしたものか。
 さて、私の近況は多少落ち着いてきた。細菌の勉強の効果とばかりに、家人愛用のミルミルを毎朝飲むことに。もともと腸が弱く、胆のうも失っているので、効果抜群、というか、効き過ぎ!敢え無く、ヤクルトへと鞍替えの状況。気は心。腸は大切と実践中。
 この俄か知識で掛かり付けの歯科医師と雑談。(もう4年間も通っていて、軽く普通乗用車が買えるほどの投資を此処に行っている)細菌の雑菌し過ぎは問題ありと合意。例の慶応大学の「がん放置」推進医師は、皆から干されてまだ、助手扱いだそうだ。う~ん、面白い。出る杭は打つは、優秀な医師会でも行われているらしい。いやはや。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿