2014年6月1日日曜日

駄作かなあ

何で、これがピットの作品なのか、分からない。
あのチベットや7なんかのキレが、彼には全くなくなってしまった。

また、CGの多用による恐怖感の煽り方にも限界あるように思う。
こうしたクライシスモノであればピットには向かない。
よって、あまりお勧めしない。
残念ではあるが。


0 件のコメント:

コメントを投稿