2014年5月26日月曜日

2014・5・25書評


 先週のお題。
「検証 福島原発 1000日ドキュメント 」;(Newton別冊)(◎)、「 生きる力ってなんですか?」; おおたとしまさ氏(△)、「 地図のない場所で眠りたい」; 高野 秀行&角幡 唯介氏(◎)、「 ワンナイト」; 大島 真寿美氏(△)、 「COVERED M博士の島」; 森 晶麿氏(△)、「 イン・ザ・レイン」; 山下 貴光氏。(△)
 小説3冊は惨敗。最近、良い本に巡り合わない。残念。冒頭のNewtonの詳細説明は助かるが、でもやはり良く分からない。まだ、原因が不明だからか。それにしても、同時に6基が並行して違い現象でトラブルを起こしていた恐怖は耐え難い。最近ニュースでかなりの人間が所長命令を守らず、現地から逃げだしていたと報道されていたが、気持は分かる。だが、それでプロか!とは言いたくなる。やはり、密集立地のつけ、安全神話への盲信。東電の問題点の根っこは深い。
 「生きる力・・・」は何人かの成功者の言葉を集めただけだった。ダメだ。「地図・・・・」は早大探検部?の面々の活躍が対談調に描かれていて、面白い。しかも、冒険の本質論が語られていて、興味深かった。特に、探検は皆の関心を引いてこそ、意味がある。その為には、本にしなくてはダメだとも記されている。
 小説を書く身としては、小説も架空の世界への冒険を読者と共に、筆者が旅立つ訳なので、同じ目的なんだと感じる。雪男とかアフリカでの異獣探しとか、あほらしくなるテーマではあるが、人間の人生なんかはきっとそんな悪戦苦闘、四苦八苦の連続でしかないかも。
 さて、今週のお題。
「夢をあきらめなければ宇宙にだって行ける」; 星出彰彦氏、協力:宇宙航空研究開発機構、JAXA、 NASA、「 NHKスペシャル 超常現象―科学者たちの挑戦」; 梅原 勇樹氏、 苅田 章氏、「ペンギンが教えてくれた 物理のはなし」; 渡辺 佑基氏、「 避雷針の夏」; 櫛木 理宇氏、「 春、戻る」; 瀬尾 まいこ氏、「 桃ノ木坂互助会 」; 川瀬 七緒氏。
 先週から体調不調につき、元気を貰おうと、今週も宇宙チャレンジもの。又、小説のネタにと、超能力談義、更には ペンギン様の能力を学ぼうと謙虚な姿勢で臨んでいる。最近、タコやら色々な多種多芸な動物に脱帽している流れの一環。
 最後に小説3冊。唯一、川瀬氏が期待か。礼の「よろずの神に聞け」の昆虫博士の作者だ。
 まあ、これらにより、体調が戻れば良いのだがと、願っているのだが、三重苦は中身を少しずつ変えながらも、筆者を悩ませている。

0 件のコメント:

コメントを投稿