2014年4月28日月曜日

2014.04.27書評

 さて、先週のお題。
 
 「もっと知りたい藤田嗣治(つぐはる)―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)」; 林 洋子、 内呂 博之(◎)、「 原発ホワイトアウト」; 若杉 冽(○)、 「証言記録 東日本大震災 II 」;NHK東日本大震災プロジェクト(◎)、「 ロングセラー商品のパッケージデザイン (MONO Visual series)」; 新星出版社編集部(○)、「 ホーキング、自らを語る」; スティーヴン・ホーキング、佐藤 勝彦、 池 央耿(○)、「 おとこのるつぼ」; 群 ようこ(○)、「ジェームズ・ボンドは来ない」; 松岡 圭祐。(◎)
 藤田画伯について、先日コメントした。一生分の絵画を取捨選択している点が良い。原発ホワイトアウトは如何だろうか?ベストセラーにもなったのだろうが、これが小説で有ったら売れたであろうか?確かに小説の描写も優れているが、題材が結局は暴露本に思えてくる。それに比べ、生の証言はインパクトあり。故に前者は○、後者が◎。ホーキングは彼の半世紀が描かれているのだが、それでどうだ?って気がする。群さんは中高年に厳しいが、ご自身も同世代という事がWikiで分かった。う~ん、同類をくさすのは如何なものか。で、かろうじて、同類相憐れむで○。ジョームズは確かにやってこない。直島の在り様が描かれているが、本当は地方の方が強いのでは?と思えてくる。都会が一番という前提がみえみえなのが気になるが、まあ、大甘で◎。
 変わって、今週のお題。
「LIFE」: 松波 太郎氏、「 おい!山田」: 安藤 祐介氏、「どうせ死ぬなら「がん」がいい」:近藤 誠氏、 中村 仁氏、「ミッドナイト・バス」: 伊吹 有喜氏、「学生との対話 国民文化研究会」:小林 秀雄氏、「GOSICK RED 」: 桜庭 一樹氏。
 GW中と勇んで何冊かの小説を借りたが、歯ごたえが不足している。前者2冊は外れ。伊吹氏はどうだろうか?桜庭氏はニューヨークが舞台。大丈夫か?「がん」は身近な問題。過剰医療はこのブログでも何度か取り上げている。筆者も厭世観に囚われ、もう良いかなと思うことも多い。兎角社会で生きてゆくのはしんどいものがある。小林氏。彼の作品は大学入試に良く出るようだ。難解だから?逸話としては、氏が自分の文章と気づかず、これは悪文だと評したとか。哲学者としても有名。高齢化社会に置いて、老兵は多くは語るべしか。
 さて、今日は授業参観日。加えて、町内会の会費集めで町内をうろちょろ。かように、一日は過ぎてゆく。
 前者は様子を伺うと、如何にも面白くない内容を、如何にもめんどくさそうに教師が教えている。何故?こうした勉強が必要なのか?それなくして、教育の浸透は望めない気がする。う~ん!そのせいか、親の参加数も少ない。夫婦で参加などは数える程度だ。何のための休日参観なのか?教育は日々の生活でも培われる。若干、最近一人息子は自立の時期を迎えたらしく、主義主張が多くなり、家人とぶち当たっている。まあ、見ものである。筆者は父親故に、ガツンとやる場面を待っている。
 後者、ここ僻地でも必ずしも町内会が活性化されている訳ではない。特に、筆者は借家住まい故に熱意ももう一つだが、それ以上に、ここ住民は町内会すら加入せず、ごみ処理等の公共設備を使っている。ゆるゆるも良いが、何処かに住民としての義務もあるはずなのだが。読者の皆さんの周りは如何だろうか?
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿