2014年3月28日金曜日

先週の書評2014・3・26

 少し、遅れちゃいました。理由は自宅のVAIO不調。最新のWINDOWSとその他の相性最悪で、動かないし、遅いし、と、言い訳から始めて申し訳ない。
先週のお題。
 「コーヒー おいしさの方程式」:田口 護氏(△)、 旦部 幸博氏、「穴 」:小山田 浩子氏(△)、「熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録」:井川 意高氏(×)、「日暮れまでに」:マイケル・カニンガム(〇)、 馬籠 清子訳、「ローラの炎」:長野 慶太氏(〇)。
 
 コーヒーはそのものズバリの説明で無かったので、、家人評価は×。小山田氏は気色悪いだけの印象。途中で投げ出した。井川氏も同じ。20~30億のカジノチャレンジを麻薬の様だったとゴーストライターに書かせて、少しでも印税稼ごうとしているなら、人物的にも×。カニンガム氏は有名な
恋愛小説家。ベニスに死すに近い退廃性の漂った小説。長野氏はこの前作が、確か国際空港でのトリック犯罪で経済新聞大賞を獲得したはず。流石、海外事情に詳しい。但し、日本人にこの米国のローカルな人種問題が共鳴するかと言えば疑問。
 さて、今週のお題:
「象の墓場」: 楡 周平氏、 「零戦」:神立尚紀氏、 「検証 福島原発事故・記者会見3――欺瞞の連鎖」: 木野 龍逸氏、「 ショパンを嗜む」: 平野 啓一郎氏。
 像の墓場は印画紙からデジタル時代への移行期を小説のテーマにしている。零戦は今、流行の軍国主義への検証として実際の飛行士たちの実像に迫ってみたい。福島原発はやはり、メデイアの格好の餌。内容一読したが、う~ん、取材拒否に対する不満ばかりが羅列されていて、どうかな?平野氏はショパン好きなのが分かった。うん。
 やはり、本は良い。色々な人の色々な側面が見えて良い。書評の酷評しているように、自己顕示的なモノもある一方、事実を多くの人と分かち合いたいをいう思いで真剣に描かれているモノもある。本も個性だとつくづく思う。
 この書評が皆さんの少しでも役立つのなら、筆者冥利に尽きるのだが。

0 件のコメント:

コメントを投稿